工業用・産業用ヒーターのことなら坂口電熱株式会社 > 製品情報  > ヒーター・加熱装置 > 電熱線

電熱線

各種電熱線を取り揃えています。

特長

  • 鋼鉄その他の金属工業、化学工業、ガラス陶器工業用各種加熱機器
  • 電子産業における拡散炉・高温電気炉・加熱炉・コンベア炉
  • 窯業分野における高温セラミック焼成炉
  • 適温、適所 用途に応じたすべての加熱源

お見積り・お問い合わせ

商品に関するお問い合わせ、オーダーメイドなど各種お見積り依頼やお問い合わせはこちらからお気軽にどうぞ。

  • お見積もり依頼
  • オーダーメイドお問い合わせ

カンタル発熱体(鉄・クロム・アルミ)

種類最高使用温度内容
カンタル A-1 1400℃ 熱処理、セラミックス、ガラス、鋼、電子産業での高温工業炉
カンタル AF 1400℃ 高温工業炉および石英管封入赤外線ヒーター、高温家庭電熱機器
カンタル APM ※ 1400℃ 高温強度に優れ、最高1400℃まで卓越した寿命を示します。
カンタル D 1300℃ 炉温 1000℃~1100℃までの工業炉、家庭電熱機器

※kg単位の取寄品

カンタルA-1、AFの寸法表はこちら

このページの先頭へ

ニクロータル発熱体(ニッケル・クロム・鉄)

種類最高使用温度内容
ニクロータル 80 1200℃ オーステナイト系の加熱合金のなかでは最高級製品で、加工性に優れ、高温強度が大、過酷な使用条件下で使用できます。

ニクロータル80の在庫表はこちら

このページの先頭へ

シルバー発熱体

種類最高使用温度内容
SILVER No.1 1200℃ 電熱用ニッケルクロム線1種で耐酸化性、高温強度に優れ、冷間加工性が良好。高温発熱体として広く使用されています。
SILVER No.2 1000℃ 電熱用ニッケルクロム線2種でNo.1に比較して耐酸化性、高温強度がやや劣る。1000℃以下の発熱体として使用されます。
SILVER No.3
SLIVER No.30
1200℃ 電熱用クロム線で特に高温での使用を目的としたもので、耐酸化性は良好、温度強度が1,2に比べて若干小さいので要注意。
No.30は、特殊な溶解法と有効元素添加により長寿命化を図っています。
SILVER No.4 1100℃ 電熱用クロム線で冷間加工はNo.3、30より容易。高温使用度の加工は不適。1100度以下の高温発熱体として広く採用されています。

No.4 リボンニクロムの在庫表はこちら

このページの先頭へ

タングステン線(JIS H 4461準拠)

JIS H 4461準拠した照明および電子機器用のフィラメント、ヒーター、グリット、スプリング、アンカー、サポートなどに用いるタングステン線です。

(参考)タングステンの物性

原子番号 74
原子量 183.8
密度(20℃) (g/cc) 19.3
融点 (℃) 3410±20
沸点 (℃) 5527
比熱 (kcal/kg ℃) 0.034(20℃)   0.043(1400℃)
熱伝導率(20℃) (kcal/kg ℃) (伸線)100~180
線膨張係数(20℃) (10-6/℃) 4.44(20℃)  5.19(1030℃)
※比電気抵抗(ρ(20℃)MS/cm) 5.5

※比電気抵抗
長さ1cm断面積1cm2の物質の電気抵抗をいう。また、この比電気抵抗の逆数を、伝導度または伝導率という。一般に高温となるほど抵抗は増す。(MS/cm)

タングステン線の在庫表はこちら

このページの先頭へ