工業用・産業用ヒーターのことなら坂口電熱株式会社 > 製品情報  > 電熱材料・周辺機器他 > 高圧乾式負荷試験装置 【レンタル開始!】

高圧乾式負荷試験装置 【レンタル開始!】

非常用電源としての発電機は、1年に1回の総合点検が法令で定められています。実負荷等により、定格回転速度及び定格出力の30%以上の負荷で、一定時間の連続運転を行い、性能を確認する必要があります。

特長

  • 乾式を採用
    水を使用しない乾式を採用しているため、水漏れ等による感電・漏電事故のリスクが解消されます。
  • 可搬型
    装置は負荷ユニットと制御ユ ニットが一体構造となって おり、移動・設置が容易 です。
  • 全天候型
    気密が確保されており、天候 に左右されることなく試験 が可能です。
  • 10kW ステップの 負荷調整
    負荷切替時に発生するパルス 状の負荷変動を開閉器操作 のタイミング 調整により 極小化しています。

お見積り・お問い合わせ

商品に関するお問い合わせ、オーダーメイドなど各種お見積り依頼やお問い合わせはこちらからお気軽にどうぞ。

  • お見積もり依頼
  • オーダーメイドお問い合わせ

仕様

負荷電圧 3Φ 3W 6,600V
負荷容量 4,200kW (2,100kW×2 台)
負荷容量分割 600kW×4 回路、450kW×2 回路、300kW×2 回路
150kW×1 回路、 50kW×1 回路、 40kW×1 回路
20kW×2 回路、 10kW×1 回路、0 ~ 10kW×1 回路
冷却方式 軸流ファンによる強制冷却方式
ファン定格 3 相 220V 5.5kW/1 台あたり
補機電源 3Φ 3W 220V 60kVA
騒音値 85dB 未満
重量 約11,000kg
排熱温度 約215℃(吸気温度22℃)

このページの先頭へ

10kW ステップの負荷調整

● 負荷調整なしの場合
投入時間と開放時間の差が大きいため、
複数の負荷開閉器を同時に投入・開放すると
負荷移行時に上図のような
負荷変動が起きます。

● 負荷調整ありの場合
負荷開閉器の投入・開放タイミングを
調整することにより、負荷移行時の
負荷変動を抑える事ができます。

このページの先頭へ

主なご確認事項

  • 使用期間・設置場所
    試験期間によって、装置を車両に載せたまま使用する場合と、現地に設置して使用する場合があります。
    車載の場合は、負荷試験期間中トラックを駐車できる場所の確保が必要です。
    現地に設置する場合は、装置をトラックから降ろすために、別途クレーン車が必要です。また、クレーン車での作業場所の確保が必要です。
  • 高圧ケーブルの有無
    発電機から、負荷装置までをつなぐ高圧ケーブルが必要です。
    どのようなルートでケーブルを這わせるかによって、長さが変わってきますので、弊社が準備する場合は事前にご相談ください。
  • 補機電源の有無
    負荷装置のファンや制御装置を稼働させるための補機電源が必要です。
    (2,100kW [1 台] の場合、30kVA 以上)

このページの先頭へ

実績(一部ご紹介)

食品メーカー(静岡県) 2,100kW×1 台 電力メーカー(北海道) 2,100kW×2 台
ビル(愛知県) 2,100kW×1 台 電力メーカー(北海道) 2,100kW×1 台
病院(三重県) 2,100kW×1 台 データセンター(大阪府) 2,100kW×2 台
食品メーカー(兵庫県) 2,100kW×1 台 電気メーカー(富山県) 2,100kW×2 台

このページの先頭へ